インターネットFAXって?

みなさんはインターネットFAXというものをご存知でしょうか?これは読んで字のごとくインターネットの回線を使用してファックスの送受信を行うというものです。あまり知名度がないようなこのインターネットFAXですが、実は会社などでは結構使えるそうなのです。そこでこれからインターネットFAXについて、その概要や特徴、さらには便利な使い方などを詳しく紹介していこうと思います。インターネットの回線を使用しているので、メールを使用できるところならどんな場所からでも届いている内容を確認できたり、こちらから送りたい相手のファックス機に対してメッセージを送ったりすることができるのです。

インターネットFAXのメリット

オフィスの経費削減に

会社などで使えば、ファックスに使われていた費用(用紙やインクなど)を減らすことができたり、電話回線を使用しない、インターネット回線になるので、その分の通信費も減らすことができるでしょう。ファックスをリースで使っていた方は、それがデジタルのデータに変わるのでファックス機がいらなくなって、その分のコストも減らすことができるのです。このように企業では従来のファックスを使うよりも経費削減ができるので、企業の上司さんなどはこのインターネットFAXの導入を考えてみるのもいいのではないでしょうか?この製品を使って従来より少しでも経費削減できるなら使用してみたいですよね。

さらにインターネットFAXでは、インターネット回線使用なので、遠方からでも安くファックスの使用ができて、ファックス機も不要になり、もちろんインク・ファックス用紙なども使わないので経費削減が可能になることです。また、普通のファックス用紙ではなくデジタルのデータなので、手間がかからないという面もあるでしょう。さて、ここまで読んでインターネットFAXを導入しようと思ったら、工事の必要も無く申し込んでからすぐに利用できるので、思いついたら吉日ということで導入するのも良いのではないでしょうか。デジタルデータでは、用紙の順番なども気にせずにすむので、便利に安心して使用ができるのもポイントです。eFaxは、世界中で1,100万人が利用している、インターネットFAXサービス会社で、どの会社にするか迷っていたらこの大手会社と契約するのもよいかもしれません。

インターネットFAXは環境にも優しい

 

まず紙やインクを節約できます。1ヶ月の送信と受信のファックスが合計で300枚とすると、一ヶ月で約900円ぐらいの負担になりますが、インターネットFAXならもちろんファックス用紙を使わないので0円。用紙を使わなければ、ゴミの軽減や木材の使用量の削減にもなります。次に節電にも効果があります。ファックス機を使用すると24時間、常に電源をつけていなければならないので大変です。インターネットFAXならそんな無駄を省いて節電に協力できるのです。最後にCO2(二酸化炭素)の削減です。ファックス機を使用すると245キログラムのCO2、さらにそれに加えたファックス用紙を作る際、処分する際の排出量を入れれば300キログラムは越えることになります。これらも無くすことができるので、インターネットFAXはお財布にも環境にも優しいというわけですね。

インターネットFAX体験談

インターネットFAXはお財布にも環境にもやさしいわけですが、例えば在宅ワークでデータ入力の仕事をしている人は、原稿の受け渡し、請求書などにファックスを使用していましたが、他には急ぎの用事以外にほとんど使うこともなく、子供の学校で、PTAとの連絡に使っているぐらいだったので、eFaxを導入して、月々のランニングコストを大幅に削減できたのだそうです。用紙代やインク代を使わなくて済むので、家計に優しいのです。月に100枚くらいのファックスの受信で、月に一回1本のカードリッジを消費していました。カードリッジは1本あたり約1000円ぐらいなので、これも買わなくていいのが助かります。子供や猫が送られてきたファックスにいたずらしてしまって、もう一度ファックスを送ってもらうというようなこともなくなって大助かりしているそうです。

在宅データ入力の仕事で

またファックスの用紙ならコンビニでも売っていましたが、専用のカードリッジはホームセンターなどに行かなければならないので、急な用事があるときにインクが切れてしまい、急いでホームセンターに買いに行ったりするようなこともなくなりました。それからファックスだと、5年から6年で買い替えをしなければならなかったというのも問題でした。ファックス本体は数万円もするので、その代金を5・6年ごとに払うというのも厳しかったのです。ファックス機がなくなってファックス機の置き場が自由に使えるようになったこともメリットになるようです。

いつでも・どこでも使えて便利

インターネットFAXは通常のファックスと違って、電話回線網を使わずにインターネット回線網を使用してファックスの受送信をするというのを前回から説明してきましたね?このインターネット回線網だと、通常の電話回線とどこが違ってくるのかという所をみていきましょう。まず、インターネットを使用できる場所であればいつでも・どこでもファックスの機能の送受信がメールでできるのです。さらに端末の種類でも普通のデスクトップ型パソコンやノートパソコン、または携帯電話からでも使用することができるのです!屋外でも使用できるという点が、外回りの多いサラリーマンの方たちには魅力になりますよね!

外出中でも使える

インターネットFAXサービスのメリット・利点について説明していますが、経費削減の次はにポイントとなるのは、「いつでも」「どこでも」ファックスの内容を確認できて、送信もできるということが挙げられるでしょう。インターネットFAXなら、送受信がメールでなされているので、カフェやレストランなどにいるときの外出時、遠くの地方の旅行時などでも届いているファックスを確認できるのです。これはペーパーレスのファックスならではの利点で、会社ではもちろん仕事の効率、利便性アップに、家庭では重要な連絡をいつ・どこでも確認できるから便利に使用できるでしょう。

時間は大事

このインターネットFAXに送られた内容は、デスクトップ型のパソコンだけでなく、ノートパソコン、携帯電話等のいろいろな通信環境で使用可能になっています。もちろんどの通信機種でもインターネットに接続できることが前提になりますが。送信されてきたデータはPDF等のイメージデータになっているので、このファイルが閲覧できればどんな機種でも確認が可能なわけです。ところでみなさんは時間とお金、どちらが大事でしょうか?どちらも大事でしょうが、時間という人も多いと思います(私自身も時間の方が大事だと思っています)。そんな、お金より時間を大事にする人には経費削減よりこっちの利便性の方が大きな利点になるかもしれませんね。ビジネスでも時間という概念は大事になるでしょうから、会社の上司の方は導入を検討してもいいのではないでしょうか?

インターネットFAXのデメリット

メリットばかり説明してきましたが、やはりデメリットの部分も知っておいたほうがよいでしょう。

まず受信されたファックスが迷惑メールに送られる可能性があります。それから受信メールが大量に送られてくる場合、受信されたファックスがほかのメールに埋もれて探しずらいこともあるかもしれません。

受信する人が一人だけのとき、その担当の人が休暇や外出の場合に緊急のファックスの内容を確認することが遅くなってしまう可能性があるかもしれないということ。

メールボックスの容量がなくなるとファックスを受けられないということなどが挙げられます。

このようなインターネットFAXサービスのデメリットは、メールを使用するときのデメリットと似たようになっていますね。

送られてくるファックスはメールとして届くので、必然的にメールでの送受信のデメリットがインターネットFAXのデメリットとなるわけです。個人的にはそれほどのデメリットとも思えないと感じますが、みなさんはどうでしょうか?インターネットFAXはコスト削減などのいろいろなメリットがあるので、それらを天秤にかけて、最終的には自分でこのサービスの導入をするかしないかを決めてください。

インターネットFAXを知ろう

インターネットの回線を利用してファックスの機能を使用するというインターネットFAXというサービスについて説明していますが、ここでインターネットFAXの概要と機構について紹介します。

インターネットFAXは、通常のファックスのような電話回線を通して送受信をするものではなく、インターネット回線でファックスの送受信をするというもので、インターネットの回線でファックスの通信をするので、かかるコストが断然安くなります。
従来のサービスとの違いは、ファックスなら相手のファックスだけ、メールなら相手のメールにだけという通信方法が変わるということです。

たとえば、向こうがファックスしかなかった場合でも、メールでそのFAXに送れるというものです。あまり世間一般では知られていないサービスですが、こう聞くと便利に思えますよね。

家の中だけでなく外からでもファックスのやりとりができて、しかも通常のファックスよりおトクな料金になるインターネットFAXは魅力的ですね。

次世代型ファックス

インターネットFAXなら、ファックスの機械も回線も必要なく、インターネット環境があれば携帯電話でもファックス機能を使用できるから、外出先でも送られてきたファックスを確認できるのです。ファックスをメールで、画像ファイルを添付で受け取ったり、パソコン上で作った文書を相手のファックス機に送るなどの、ファックスとほかのメディアを合わせた活用が期待できます。従来のファックスだと、ファックス用紙がかさばって大変という意見をよく耳にします。そんなときに便利なのがこのインターネットFAXなのですね。このサービスは会社を空にする機会の多い自営業やSOHOの方たちにも好評の次世代のファックスなのです。

インターネットFAXに必要な設備

さて、インターネットFAXに必要なものはなにがあるのでしょうか。それはハードウエアで、インターネットFAX専用のファックス機か、インターネットに接続されている機種を使う方法などがあります。インターネットFAX機は値段が高めで、数十万円から百万円を超すものもあります。これだとコストを下げることにはなりませんよね。インターネットに接続している機種の場合は、自社のファックスサーバーを運用する場合、いつでもファックスを受けるために常時電源ンをつけなければならなくて、こちらも費用がかかります。インターネットFAX提供会社と契約すれば、上記のような費用をかけることなく低価格でコストの削減を実現できるでしょう。

 

eFaxは、世界で1,100万人以上が利用している
世界最大級のインターネットFAXサービスです。

eFaxは、Eメールのアクセスがあれば、世界中どこからでもFAXサービスが利用できる便利なサービスです。
通常のFAX番号と同じ感覚で使用可能!
FAXをPDFファイルで受け取れるので、重要な書類内容が外部に漏れる心配もありません。デジタルデータでの管理も簡単です。 複数の宛先への一斉送信も可能!
もちろんビジネスだけでなく、個人専用のFAX番号としても利用できます。
まずは、30日間無料トライアルでお試しください!

30日間無料トライアル
30日間無料トライアルでは、eFax Plus®会員が受けられるすべてのメリットを30日間体験していただくことができます。Fax送信、Fax受信、およびeFaxのウェブサイトにおけるすべての機能をご利用することが可能です。お客様にご満足いただけなかった場合はカスタマーサポートまでお電話ください。無料トライアル期間終了前にサービスを解約いただければ、料金は一切かかりません。

g3 2

g1

40代男性・会社員

インターネットFAXがコスト削減にメリットがあると聞き、調べました。eFaxは海外にも強い大手の会社であること、初期費用もなく、月額の995円に150枚までの送信料も含まれること、などでトライアルを決めました。通信費用、FAX機器のリース代、トナーや用紙の削減を期待します。

インターネットFAX、大手3社の比較

サービス名称 efax(イーファックス) BizFax(旧iFAX) KDDIペーパーレスFAX
提供会社 j2 Global Japan NTTCom KDDI
初期費用 無料 無料 1,050円
月額料金 995円 0円 997.5円
ファックス送信料金 0円(150枚まで・超過時は10円/1枚) 25円/1枚(平日昼間) 15.75円/1枚
月100枚送信した場合ひと月分の料金 995円 2,500円 2,572.5円
月1,000枚送信した場合のひと月分の料金 9,945円 25,000円 16,747.5円
FAX番号 03を含む主要26都市の市外局番から選択 26桁の特殊な専用番号 050-****-****
支払い方法 クレジットカード・銀行振込 銀行振込・コンビニ支払 クレジットカード・銀行振込・コンビニ支払
画像ファイル形式 PDF TIF,JPG,PDF TIF,PDF
使用可能なスマートフォン android,iPhone,iPad android
その他 格安料金 ファックスの大量一斉同報(最大3,000件)が可 月額基本料金は安いが送信ごとに料金がかかる
キャンペーン 30日間トライアル

インターネットFaxとFax機器リースとの比較

eFax B4普通紙ファックス(法人・リース)
Fax機料金 0円 4,725円(リース料金)
NTT月額回線使用料 995円 2,887.5円(3級局事務用)
通信料金・送信料金 0円 1,275円(約150枚を区域内に送った場合)
Fax用紙料金 0円 140円(350円/500枚のコピー用紙を200枚使用)
Faxトナー/インク料金 0円 1,000円
ひと月あたりの総額料金 995円 10,025.5円
購入時の費用 0円 15,750円(搬入設置費)

 

コストは格段に削減されそうです。
利用するにあたり一番不安がっていた高齢の社員もすぐに慣れて「紙を整理しなくてもいいし、機械に置きっぱなしで気付かないこともなく、大変便利だ。プリントアウトしたFaxも機械を通したFaxよりクリアで見やすい」と好評でした。トライアル期間中に継続することに決定しました。

 

30代女性、パート

先月からパートをしはじめて、小学3年の娘が先に帰宅するようになりました。娘にはまだ携帯電話を持たせたくないので、帰宅時に家から電話をかけさせていました。でも仕事中に通話するのは心苦しく、他の手段を探していました。そこでこのeFaxをみつけ、ファックスを私の携帯に送ってもらうことにしました。
毎日携帯に可愛い絵手紙が届きます。娘はちょっと面倒くさがっていますが、絵や手紙を書くのばいい経験ですので続けようと思います。素敵な成長記録としてデータを残すつもりです。

 


インターネットFAXの仕組み

電話の回線網を使わず、インターネットの回線網を使って送受信するのがインターネットFAXです。
このインターネット回線網を使用してデータが行き交っているので、メールと互換性を持つことができるのです。このインターネットFAXを使うときは、メールを扱うときと同じやり方で送り手からのファックスの受信ができるのです。

050のIP電話のようにインターネット回線を使用しているという仕組みをイメージしていただければインターネットFAXの機構がわかりやすいと思います。

投稿日:

NEW ENTRY

no image
eFaxの料金や使い方、口コミ・評判まとめ

eFaxはインターネットFAXサービスの大手 eFaxは世界中で1110万人が使っている世界最大規模のインターネットFAXサービスで、インターネットのEメールができる環境がある機種ならどれでも、世界の …

no image
Hello world!

2016/10/09   -未分類

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

Copyright© インターネットFAXサービスを徹底比較│インターネットFAXゼミ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.